お風呂場トラブル~白蟻が水場にもたらす被害~

目に見えない所で白蟻は家をスカスカにしていきます 目に見えない所で白蟻は家をスカスカにしていきます

お風呂場で合った白蟻の被害事例

お風呂場は白蟻が発生しやすいポイントの一つです。お風呂でくつろいでいるとシロアリが出てきてリラックスタイムが台無しになるというのはよくあることです。ここでは、実際に被害に遭った人の声を聞いてみましょう。

お風呂場の白蟻被害は続出している

お風呂場に白蟻が大量発生!(30代/女性)

昔起きた出来事です。家に帰って風呂掃除をしていると、何やら小さな虫が浮かんでいました。その時は気にしなかったのですが、翌週になって大量発生し、阿鼻叫喚の地獄絵図になりました。「これはほっといたらヤバいやつだ」と思い業者さんに相談し、事態を収めました。まだ初期段階だったようですが、あれで初期段階かと思うと今でも鳥肌が立ちます。

安心してお風呂に入れませんでした(20代/女性)

アパートに白蟻が大量発生し、非常に不快な気分になりました。ご飯食べている最中も目の前を通ったり、料理を作っている最中もうろちょろ目に入ったりと非常に鬱陶しかったです。何よりお風呂場で見かけるともう気分が台無しだったのですが、大家さんが白蟻の駆除を依頼したので事態は割と早く解決しました。今ではすっかり姿は見えなくなりました。

被害に遭った場合はどのように駆除するのか

駆除業者に依頼した場合、どのような方法でシロアリ駆除を行うかを紹介していきます。駆除の方法は主に二通りあり、薬剤を用いる方法とベイト(毒餌)を用いて駆除する方法の二つです。これはどちらにも独特のメリットがあります。

白蟻駆除の仕方は主に二つ

薬剤工法

散布

薬剤工法は、専用の忌避剤や殺虫剤を用いて駆除を行う方法です。別名バリア工法とも呼ばれており、散布することで効果が持続する期間中はシロアリの侵入を防ぐことができます。薬剤を直接散布する作業であり、床下に散布するやり方以外にも、穴を開けてそこから直接薬剤を注入するという方法もあります。

ベイト工法

白蟻の通り道に毒餌を設置し、駆除するという方法です。毒餌は主に薬剤を染み込ませた紙であり、薬剤工法とは違い即効性はないですが確実に全滅させることができるのが強みです。ちなみに、ベイト工法で用いる薬剤は白蟻の脱皮を阻害する効果があり、人や犬猫など脱皮をしない生き物なら誤って食べても命に別状はありません。

TOPボタン